衝撃のセミナー

From

千葉県支部

田村 健太

 

訪問ありがとうございます。

 

フェイスブックでこのような記事を見つけました。

 

f:id:OrientalPhysioAcademy:20181207082904j:plain

 

最初は流し読みしてたのですが、最後の部分をみて

 

は?

 

腸腰筋リリースセミナー?

 

なにこれ面白い。

 

これ何時間のセミナーなんでしょうか?

 

座学あり?

 

実技は何個やるんだろう。

 

腸腰筋は確かに大切だけど、これだけでセミナーやろうとしているのがすごいと思いますね。

 

腸腰筋さえどうにかすれば全て解決する。

 

こんな考えの人も見たことはありますが、これ受けようと思ってくれる人がいるんでしょうか・・・

 

うーん。詳細が出たら時間とか料金とか内容とかみてみたいと思います。

 

フェイスブックの中には、全く変わってないのにビフォーアフター画像を出して

 

めっちゃ変わりましたよね!!

 

と押し付けてくる人もいるし楽しい媒体ですよね。

 

今後の予定

 

 

 

12/23 代表波田野による定期施術会 東京 OPA

www.opamasaharu.com

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

千葉県支部

田村 健太

脾と胃を癒す食材とは

From

千葉県支部

田村 健太

 

訪問ありがとうございます。

 

前回の記事では補腎の食材についてお伝えしてきました。

 

今回は脾です。

 

脾は疲れてくると全身の倦怠感や食欲が減退したり、やたら増したりもします。

 

私は脾気虚体質なので、かなりの量の食事を食べます。

 

脾は食べたものをエネルギーに変えて肺に送る役割を持っていますが、その機能が落ちるため体がうまく動けなくなり、倦怠感が出てくるんです。

 

ですので脾が疲れにくいように強くしていくことが大切になります。

 

食べる量を増やせばいいわけではないですよ。

 

食べる食材を考えていくことが大切です。

 

効能としては

 

健脾

 

の食材を選んで組み込むことが大切になります。

 

その食材ですが、代表的なものとしては

 

山芋

 

があげられます。

 

f:id:OrientalPhysioAcademy:20181207131712j:plain

山芋は漢方の材料となるくらい効能が強い食材になります。

 

補気の食材としても有名ですので疲れが溜まってきたときにもオススメです。

 

とろろだったり千切りにして海苔と一緒に食べたりしても美味しいですよね。

 

他にもたくさんの食材がありますので今後少しずつですが紹介させていただこうと思います。

 

体は食べたものから作られます。

 

ですのでできるだけ自分の体質に合った食べ物を摂っていきたいですね。

 

今後の予定

 

 

  

12/23 代表波田野による定期施術会 東京 OPA

www.opamasaharu.com

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

千葉県支部

田村 健太

疲れた腎と膀胱を癒すには

From

千葉県支部

田村 健太

 

訪問ありがとうございます!!

 

前回は寒さと湿度が体にどのような影響を及ぼすかについて簡単にお伝えしました。

 

今回は疲れた腎と膀胱をどのようにケアしていけばいいかについてお伝えしていきます。

 

腎と膀胱は寒さによってストレスがかかってきやすくなります。

 

ですのでまずは体を冷やさないようにすること。

 

これが大切になってきます。

 

筋膜でいうとSBLですね。

 

f:id:OrientalPhysioAcademy:20181206084214p:plain

SBLと膀胱経の流れは似ている

アナトミートレインでもSBLと膀胱経の流れについても言及しています。

 

そのため背面の筋をケアしてあげても効果的ですね。

 

食事ですと

 

補腎

 

の食べ物を取ってあげると良いと言われています。

 

食材としては

 

うなぎや

f:id:OrientalPhysioAcademy:20181206085213j:plain



すっぽん

f:id:OrientalPhysioAcademy:20181206085227j:plain

といった精がつく食べ物が良いとされています。

 

野菜ですと

 

ブロッコリー

f:id:OrientalPhysioAcademy:20181206085312j:plain

が代表的なものとしてあげられます。

 

毎食うなぎやすっぽんは摂りづらいですが、野菜としてブロッコリーを入れてあげるといいかもしれませんね。

 

今後の予定

 


12/16 OPAサッカーメソッド 東京 OPA

www.opamasaharu.com

 

 

12/23 代表波田野による定期施術会 東京 OPA

www.opamasaharu.com

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

千葉県支部

田村 健太

冷たい雨と寒い日には・・・

From

千葉県支部

田村 健太

 

訪問ありがとうございます!!

 

先週は冷たい雨が降る日もありましたね。

f:id:OrientalPhysioAcademy:20181206082550j:plain

雨だワン!!

寒い日に雨が降ると体には

 

寒邪と湿邪が襲いかかってきます。

 

f:id:OrientalPhysioAcademy:20181206083027j:plain

 

東方医学では寒邪と湿邪はそれぞれ

 

腎と膀胱

 

脾と胃

 

にストレスをかけていきます。

 

それによって

 

腎と膀胱が疲れてしまった場合には

 

疲労が溜まりやすくなったり

 

やたら背中全体が張ってきたり

 

腰痛持ちですと前屈時の痛みが増します。

 

 

脾と胃が疲れてくると

 

全身のだるさ

 

食欲の減退あるいは暴走

 

腰痛持ちであれば後屈での痛みが増します。

 

 

天候と筋緊張の関係性がわかってくると、評価もしやすくなりますね。

 

患者さんと天気の話になったらちょっとしたトピックとして話をしてみるのも面白いと思いますよ。

 

今後の予定

 


12/16 OPAサッカーメソッド 東京 OPA

www.opamasaharu.com

 

 

12/23 代表波田野による定期施術会 東京 OPA

www.opamasaharu.com

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

千葉県支部

田村 健太

寒くなってきたときの体調管理の仕方

From

千葉県支部

田村 健太

 

訪問ありがとうございます。

 

前回の記事で陰陽の調整をうまくできる体にすることが大切だということをお伝えしました。

 

では、どのようにすれば調整が効く体にしていくことができるのでしょうか?

 

f:id:OrientalPhysioAcademy:20181205085533j:plain


簡単な考え方として体を冷やさないことがあります。

 

西洋医学的にも体温が低ければ低いほど免疫力が低下すると言われています。

 

f:id:OrientalPhysioAcademy:20181205125917j:plain

冷えは万病のもと

 

ですので、体を冷やさないための工夫をしていきたいですね。

 

わかりやすい例でいうと食事

 

この時期ですと生野菜など基本的には体を冷やす食べ物は取らない。野菜を食べるのであれば温野菜にする。また体を温める食べ物を取っていく。わかりやすいのは生姜でしょうか。

 

薬膳の考えだとまた少し違ってくるのですが、基本的には上記のことに気をつけるといいと思います。

 

寒さが厳しくなってきますが、私も服装でも体温を調整して体調を崩さないように気を付けていこうと思います。

 

 

今後の予定

 


12/16 OPAサッカーメソッド 東京 OPA

www.opamasaharu.com

 

 

12/23 代表波田野による定期施術会 東京 OPA

www.opamasaharu.com

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

千葉県支部

田村 健太

なぜ気温差が激しいと体調を崩すのか。

From

千葉県支部

田村 健太

 

訪問ありがとうございます。

 

最近は寒くなってきましたが、今月の頭は20℃を超える日もありましたね。

 

気温差が大きくなってきている時には体調を崩しやすい。

 

f:id:OrientalPhysioAcademy:20181205084012j:plain

 

これはみなさん感じていると思いますが、なぜそんなことが起きるのでしょうか?

 

東洋医学では、人は陰陽のバランスが崩れると体に異常が出てくると言われています。

 

人の体は季節に合わせて体の中の陰と陽のバランスを調整して気温や湿度に対応しているのですが、気温が急激に変わると、そのバランス調整がうまくいかなくなってきます。

 

f:id:OrientalPhysioAcademy:20181205084716j:plain

 

その際にどうにかバランスを保てれば良いのですが、調整がうまくいかないと体調を崩して風邪を引いてしまうんです。

 

この場合には、もともとの陰陽の調整能力がしっかりとしていれば風邪をひかずに済むのですが、そうなるためには日頃から体の管理をしていかなくてはいけません。

 

服装や寝る際の寝具も含めて体温を急激に変えないように、下げすぎないようにしていくのが大切ですね。

 

これから寒さが一気に強まると思いますが、体調を崩さずに生活できるようにしていきたいですね。

 

今後の予定

 


12/16 OPAサッカーメソッド 東京 OPA

www.opamasaharu.com

 

 

12/23 代表波田野による定期施術会 東京 OPA

www.opamasaharu.com

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

千葉県支部

田村 健太

時間を有効に使うための30分ルールとは?

From

千葉県支部

田村 健太

 

訪問ありがとうございます!!

 

以前の記事でもあげている時間の大切さ。

 

時間をみつけてその時間を使うことが大切なのですが、調べ物や勉強をする場合には時間がかかってしまうことも多いですよね。

 

新人さんを指導していく中でも本を見ればすぐにわかるのに聞かない。

 

なかなか調べても答えが見つかりづらい事項を聞いてこない。

 

そんなことはありませんか?

 

そんな時活用して欲しいのは

 

30分ルール

 

になります。

 

f:id:OrientalPhysioAcademy:20181204083756j:plain

悩みすぎても、考えすぎても答えが出ない時には・・・

 

これは活用方法は簡単で、30分考えたり調べたりしてもわからない。答えがみつからない場合には周りの人に聞く。

 

または30分以上長考しないと進まない作業を一回止めて、シグニフィカントがある他の事項を行う。

 

というものです。

 

無駄に時間を浪費しないように切り替える時間を決めることで、行動にメリハリがついてきます。

 

また、30分というのは集中力が続く最低時間になりますので、それ以上行っても建設的な行動を取りづらくなっているということも理由にあげられます。

 

時間をうまく操ってメリハリのある効率的な行動を取れるようにしたいですね。

 

今後の予定

 


12/16 OPAサッカーメソッド 東京 OPA

www.opamasaharu.com

 

 

12/23 代表波田野による定期施術会 東京 OPA

www.opamasaharu.com

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

千葉県支部

田村 健太