セラピストVSセクハラ

From

千葉県支部

田村 健太

 

訪問いただきありがとうございます。

 

今日はとんでもないニュースが飛び込んできましたね。

 

www.sankei.com

 

大学教授の停職問題。タイトルにもありますが、学生に対してのセクハラがあったそうですね。

 

今回は学生ですが、我々セラピストも特に男性のセラピストは常にこの問題に晒されてしまう可能性があります。

 

この記事だと、若干確信犯的なハラスメントもみられていますが、そうでなくてもセラピストである我々にとって、異性への背術中での身体的な接触というのは常に気をつけなければいけない問題になります。

 

私の先輩セラピストの方でも、その気は全くなかったのにも関わらず、セクハラと言われ、訴えられかけたことがある経験をしています。

 

この問題は、年齢を重ねたから。とか、おっさんだからだ。とかは関係はあまりないんですね。

 

もちろん清潔感がなくて、笑い方だったり、表情の出し方によって特に異性が不快感を感じやすい仕草をしてしまうような人は、その気が無くても勘違いされてしまうリスクは上がります。

 

ですが、上記のようなことがなかったとしても、経験年数の少ないセラピストの方がセクハラだったり、わいせつな行為と患者さんから判断されてしまって、裁判を起こされてしまうリスクは高いように思います。

 

f:id:OrientalPhysioAcademy:20190131220102j:plain

 

理由はいくつか考えられますが、大きくは2つあると私は思っていて、それは大きく分けると

 

患者さんの同意を得ていない治療を行う。

 

セラピストの触診技術が不足している。

 

この二つに分けられて、訴えられてしまう人は上記の2つを常に行ってしまっている。

 

と思います。

 

治療を行う中でどうしてもデリケートゾーンに近い部分へのアプローチが必要なことってありますよね。

 

特に股関節へのアプローチの時なんかはそうなんじゃないでしょうか。

 

この時に、自身がなぜそこにアプローチをする必要があるのかをしっかりと評価したことを説明する必要があります。

 

例えば腰痛の方に対して股関節をアプローチする時には、説明がなければ患者さんは

 

なんで腰が痛いって言ったのに足の付け根やお尻を触ってくるの?

もしかして・・・

 

と思ってしまっても不思議ではありませんよね?

 

我々からしてみればそこを治療することに対して不思議に思わなくても、患者さんは知識を持っていませんから、邪推されてもおかしくはないです。

 

それで効果がでなければ、さらに不審に思っていきます。

 

もう一つの触診技術が不足していることについては、触り方の問題ですね。

 

同じ場所を触っていても、技術のあるなしで感じ方が変わります。

 

一方は何も感じない、もしくは気持ちいいと思えるのに対して、技術が不足している人に触られれば、不快感を感じてしまうことも多くなります。

 

ましてやラポール形成がされていない初回介入の時にやってしまえば最悪ですね。

 

そのまま帰ったのちに弁護士に相談。という方も出てきてしまいます。

 

f:id:OrientalPhysioAcademy:20190131221004j:plain

 

そうなったらもう勝ち目は無くなりますね。

 

説明もしないで触る。その触り方もいやらしく感じた。

 

これを覆すのは困難です。

 

音声データだったり、書面による同意書がなければ戦うことも難しいのではないでしょうか。

 

特に男性セラピストが女性の患者さんに訴えられたら大変だと思います。

 

痴漢とかでも、冤罪を証明することって相当難しいと言われていますからね。

 

別に訴えられないように技術を上げろ。とは言いませんよ?

 

患者さんを良くしたい。

 

この一心でしっかりと努力している人は多分大丈夫ですから。

 

小手先の技術だけでなくインフォームド・コンセントも大切だと気づくのも早いでしょうし。何よりその気持ちは患者さんには伝わると思うので。

 

ですが、その気持ちが少し薄れがちになってくる1年目の後半から5年目くらいのセラピストは、個人的には注意したほうがいいと思います。

 

周りにもいたんですよ。

それくらいの少し自信がついてきたセラピストが患者さんに説明なくガシガシやって自己満足してはい終わりましたよー。

 

みたいな人が。

 

こういう人は、触り方も雑な人が多いですし、患者さんによっては不快感を得やすい状態になってしまっています。

 

なので、常に思いは忘れずに自らを磨くことを怠らないことが大切ですね。

 

触診技術が上がれば、治療技術も上がりますし。一石何丁になるんだろ?

 

もし、触る技術。直す技術の土台を作りたい!!もしくはセクハラと勘違いされない触り方をしっかりしたい!!という方は、OPAの体づくりのセミナーを受けてみてください。1日でめっちゃ変わりますよ?

 

今後の予定

 

2/9 伊丹 【定期施術会】

www.opamasaharu.com

 

2/10 大阪 【トリガーポイント 腰下肢編】

seminar.ep-och.com

 

2/17 東京 【トリガーポイント 肩上肢編】

www.opamasaharu.com

 

2/24 東京 【定期施術会】

www.opamasaharu.com

 

3/3 大阪 【トリガーポイント 肩上肢編】

seminar.ep-och.com

 

3/17 東京 【トリガーポイント 腰下肢編】

www.opamasaharu.com

 

3/23 札幌 【腰痛に対するトリガーポイント】

www.opamasaharu.com

 

3/24 札幌 【経絡導診法LEVEL1〜アナトミートレインと本経アプローチ〜

www.opamasaharu.com

 

4/21 東京 【トリガーポイント 膝足部編】

www.opamasaharu.com

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

千葉県支部

田村 健太

おせち料理と東洋医学

From

千葉県支部

田村 健太

 

訪問ありがとうございます。

 

三が日も今日が最後!!

 

皆さん初詣には行かれましたか??私はまだです笑

 

おせちは食べていましたか?実はおせちって薬膳から見るととても理にかなった料理なんです。

 

f:id:OrientalPhysioAcademy:20181226131434j:plain

 

おせちは色々な料理がありますし、色も鮮やかですよね。

 

そんな中でも、黒豆は冬に疲れやすい腎を助けます。

f:id:OrientalPhysioAcademy:20181226131652j:plain

帰経としては脾・肝・腎ですが、効能として利水、活血、解毒、健脾、解毒、益腎、滋陰、補血ととても効能が多い食材になります。

 

腎の状態を良くしてくれますので、アンチエイジングにはとても役に立ちますよー。

 

実家で出されたおせちは、しっかりとまんべんなく食べましょう。

今後の予定

 1/13 大阪

www.opamasaharu.com

 

 

千葉県支部

 

田村 健太

結婚式×薬膳その4

From

千葉県支部

田村 健太

 

訪問ありがとうございます!!

 

今日は箱根駅伝ですね!!

トレーナーとして参加や関わっている方もいらっしゃるでしょうか?

 

寒い中で行うスポーツはどうしてもケガと隣り合わせになりますので、駅伝だけでなく他のスポーツでもどのようにウォームアップをしていったらケガの予防になるのかについて考えながら指導をしていきたいですね。

 

さて、今日はまた薬膳の話に戻ります。

 

f:id:OrientalPhysioAcademy:20181224082204j:plain

柚子の氷菓

お口直しとして柚子の氷菓子も登場してきました。

 

もうデザート?とその時感じたのは内緒です(献立を見ていなかった)

 

f:id:OrientalPhysioAcademy:20181224082847j:plain

 

柚子は涼性の食べ物になります。

帰経は肺・脾・肝です。

 

効能としては消食、化痰、解酒毒、理気です。

消化の助けをし、咳や食欲不振、疲労、二日酔いに効果があります。

 

この時期に出やすい症状に対しては有効ですが、体を冷やす効果があるので、単体で食する際には注意したいですね。

今後の予定

 1/13 大阪

www.opamasaharu.com

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

千葉県支部

田村 健太

HAPPY NEW TEAR!!!!!

From

千葉県支部

田村 健太

 

 

Auguri bonano!!

 

2019年始まりましたね!!!

 

今年は日本でラグビーのW杯があり、スポーツがまた盛り上がりますね!!f:id:OrientalPhysioAcademy:20181222083129j:plain

 

セラピストとして関わる方もいらっしゃると思いますし、業界としてもどんどん盛り上がっていく年になりそうです。

 

OPAは今年も痛みやしびれと戦うセラピストをサポートできるように一丸となってやっていきますよー。

 

トリガーポイントだけでなく、東洋医学アロマセラピー

いずれもどこもやっていない斬新な方法で評価治療を決めていく革新的なことをお伝えしていきます。

 

一皮剥けたいセラピストは是非一度セミナーを受けてみてくださいね!!

今後の予定

 1/13 大阪

www.opamasaharu.com

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

本年もより一層よろしくお願いいたします。

 

千葉県支部

田村 健太

結婚式×薬膳その3

From

千葉県支部

田村 健太

 

訪問ありがとうございます。

 

ついに大晦日ですね!!

 

皆さんはどう新しい年を迎えますか?

 

私は家で年越しパーティをする予定です。

 

さて、今回は魚料理です。

 

f:id:OrientalPhysioAcademy:20181221130921j:plain

桜海老を纏った真鯛のオーブン焼き 生海苔のソース

桜海老を衣にみたてて香り高く美味しい料理になっていました。

 

個人的にはソースがもう少し固ければよかったかな。

 

さて、食材の効能ですがまずはこれ

 

f:id:OrientalPhysioAcademy:20181219131715j:plain

 桜海老は効能はエビと同じです。

 

温熱性の食べ物(温)で体を温める効果があります。

 

帰経は肝腎胃になります。

効能は補腎補陽補気開胃が主なものとしてあります。

足腰の冷えや食欲の不振の方には効果がありますね。

 

f:id:OrientalPhysioAcademy:20181221131603j:plain

鯛も体を温める効果がありますが、海老よりは弱いです。

 

帰経は脾胃腎。

効能は健脾、益性、通乳、補腎、利水があります。

貧血や下痢の方には効果がありますし、体力回復や美肌効果も期待できます。

 

f:id:OrientalPhysioAcademy:20181221131839j:plain

 

ソースで使っている海苔ですが、寒冷性の食材です。

 

帰経は肺、腎になります。

効能としては化痰、清熱、利水、止咳が主なものとしてあります。

むくみのある方には効果があります。

ソースの中にあるので、量が少なく、体を冷やす効果は少ないですが、たくさん食べたい人は量を気をつける必要がありますね。

 

全体としては、体を温める効果が強い料理になりますね。

冬にぴったりといっても良いと思います。

 

あと今年も残りわずか。

 

皆さん良いお年を迎えてください。

今後の予定

 1/13 大阪

www.opamasaharu.com

 

千葉県支部

田村 健太

 

結婚式×薬膳その2

From

千葉県支部

田村 健太

 

訪問ありがとうございます。

 

前回は前菜であるカルパッチョをあげましたが、今日はスープです!!

f:id:OrientalPhysioAcademy:20181219131051j:plain

南瓜のポタージュ パイスティックを添えて


 

 

f:id:OrientalPhysioAcademy:20181211134135j:plain

かぼちゃの効能とは

かぼちゃは温熱性の食べ物です。内臓としては脾と胃に効くと言われています。

 

効能としては、補気化痰。エネルギーの補充と排痰の効果があります。

 

胃腸が弱かったり、血行を促進したい方にはオススメですね。

 

そしてパイスティック

パイスティックの原料は小麦なので、そちらを取り上げます。

 

f:id:OrientalPhysioAcademy:20181219131153j:plain

 

小麦は寒冷性(涼)の食べ物です。体を冷やす方に傾けます。

内臓としては心、脾、腎に効くと言われ、効能としては清熱、安神、補腎と言われています。

動悸を沈めて眠りやすくし、頻尿等にも効くと言われています。

 

全体としてはバランスが取れているメニューですね。

 

体を冷やす方にも温める方にも行き過ぎないようにしています。

 

量からみると少し温める作用の方が強いでしょうか?

 

今日はこんなところです。

 

では、また。

今後の予定

 1/13 大阪

www.opamasaharu.com

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

千葉県支部

田村 健太

結婚式×薬膳

From

千葉県支部

田村 健太

 

訪問ありがとうございます。

 

もう今年も残すところわずか。

 

しっかりと準備をして年を越しましょう。

 

さて、この前元同僚の結婚式に参列させていただきました。

 

結婚式はいいですね。新郎新婦共に幸せいっぱいの笑顔が輝いていました。

 

参列した時には新郎新婦の幸せな姿をみることがメインになりますが、それ以上に大切なのが料理ですよね!!(失礼)

 

今回から何回かその料理を薬膳の視点から考えてみようと思います。

 

今回は前菜で出てきたこの料理

f:id:OrientalPhysioAcademy:20181218124914j:plain

サーモンとホタテのカルパッチョ

ソースは南高梅イクラを使っているようです。

 

さて、まずはメインのサーモンとホタテです。

f:id:OrientalPhysioAcademy:20181218125615j:plain

 

サーモンは薬膳でみると温熱性の食べ物になります。

赤身の魚は温熱性のことが多いです。

臓器としては脾と胃に効きます。

 

効能としてはエネルギー補充と循環。血も補充し循環を促してくれます。

 

続いてはホタテ

f:id:OrientalPhysioAcademy:20181218125520j:plain

ホタテは寒冷性の食材です。

臓器としては特に腎に効くと言われています。

効能としては、補陰で陰気を補充すると言われています。陰気は体の水分の源になってくれる気です。

 

次はドレッシングで使われていた南高梅イクラです。

f:id:OrientalPhysioAcademy:20181218130359j:plain

梅は平の食材ですので、体の温度を調整する役割を持っています。

 

効能としては咳を止めたり、痰を排出する効能があります。風邪にはもってこいですね。

 

f:id:OrientalPhysioAcademy:20181218130548j:plain

 

いくらは・・・すいません。これは調べきれませんでした。

鮭の卵なので、基本的には効能は鮭と似ているとは思うのですが、はっきりとしていないので今回は割愛。

効能等わかったらまたおしらせします。

 

全体的に言えば、この料理自体は、カラダにとって冷えに偏りがちになってしまいますが、気や津液、血を補充してくれる良い構成の料理になっています。

 

夏なんかに食べられればよりいいですね。ホタテとイクラが問題にはなりますが・・・

今後の予定

 1/13 大阪

www.opamasaharu.com

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

千葉県支部

田村 健太